見ろブライダルエステ
ホーム > 注目 > 金メダル快進撃の折に思うこと

金メダル快進撃の折に思うこと

今開催されている世界柔道で、日本人選手の躍進が止まりません!

軽量級では、男女とも日本人が金メダルを独占するっていう快挙ですし、
66キロ級でも、天才的なセンスの阿部一二三選手が圧勝で、金メダルを獲得しました。
日本の選手の育成・強化システムが成功してる証ですね。

そこで、ふと疑問に思ったのが、
金メダルの金って本当の地金なの?っていうことです。

調べてみると、実は、純金や18金などの地金ではなく、ただのメッキ品なのです。
なんとも、夢のない残念でな現実ですね。

金メダルは、純度92.5%の銀に、6グラムの純金でメッキし、大きさは直径6センチメートル以上
という規定がオリンピック憲章第45条に定められているそうです。
つまりは、メッキを剥がせばただのシルバーです。
あのキラキラしたメダルの中身を想像してしまうと悲しいです。

これ、金・プラチナの買取り店にもっていったら、どんな査定になるんでしょうか?
メダルとしてのプレミアが付かなければ、ただの金メッキ製品なので、
いっても1~2万円程度にしかならないんじゃないでしょうか?

世界一の証、誰もが憧れる金メダルなんですから、ふんぱつして、
せめて18金のメダルにしてあげればいいのにって思います。
それなら、メダルの重さが100グラムだとすれば、30万円~40万円くらいに
なるので、それなりに家宝としても、重みのあるメダルになると思います。

ご多分んにもれず、
当店では、未だこういった金メダルを査定した経験がありませんし、
一度は見てみたいし、手にとってみたいですが、
今後もきっとお目にかかることはないかもしれません。
でも、こういうトレビア的な豆知識をもっておくことも、
査定の現場では意外と大事なことだと思っています。

メッキ製品は取り扱っていませんが、
純金、18金は、高額買取り実施中ですので、岸和田市、貝塚市、和泉市に
お住まいの方は、お気軽にお問合せ&ご相談ください。
金以外のプラチナ、ダイヤモンドも高額査定いたします!

岸和田市のウィンズ(金・プラチナ・ダイヤモンド買取り)

宜しくお願いします。